すきなものをすきなだけ、がモットー。日々の記録と自分のための覚え書きと。つぶやいたりわめいたり。きっと大声では言えないけど、誰かに見て欲しい。知ってほしい。聞いてほしい。すきなものを並べながら生きていたい。眠れない夜は誰かのせいにしちゃえばいいのさ。もどかしい気持ちは全部吐き出しちゃえばいいのさ。さかきばらようこの丸投げ☆ナイト、はじまるよー!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< パラレル・ワールド | main | おしらせ >>
髪よさらば
思い切って髪を切った。ベリーショートと言っていいんでないかこれは。

今まで美容院ってどこ行っていいかわかんなくて、わりと適当に済ませてたんだけど、今回はちゃんと下調べみたいなことしてから行ったよ。
とーっても素敵な美容院でした。

これにしてくださいってヘアカタログ持ってったんだけど、美容師のお姉さんがいろいろアドバイスしてくれて、本気で私の髪型考えてくれて、いろいろ相談しながら決めたのでもうかなり満足。
普通なことなのかな?
美容院行っても、美容師さん指名したりとか全然してなかった私には目からウロコの体験だったよ。信頼できる美容師さんがいることの心強さを初めて感じたよ。

もうずっとロングにこだわってた私。
「なんでショートにしようと思ったの?」と美容師さんに聞かれたけどうまく答えられなかった。自分でもよくわからない。単純に、カタログに載ってたモデルさんがかわいかったからかもしれない。

でも強いて挙げるなら、ナナナンの短編にそういう話があったからだな。
黒髪でロングヘアーのかっこいい女性像に憧れてた主人公だったけど、なんだかうまくいかない。そこでついに、黒髪ロングの呪縛から逃れようと髪をバッサリ切って髪も染めて。
ロングヘアーに込めていた想いとか、それまでの自分さえも。
そんな話。
この話を意識したことは全然なかったけど、今ふと浮かんだ。そしてしっくりくる。

キャンディーの色は赤。っていう短編集。私が今まで読んだナナナン作品の中で一番好きかも。おすすめ。


久しぶりにsyrupを聴いている。
ちょっと前は中毒のように聴いてた。
最近あんまり聴いてなかったけどやっぱり好き。
スポンサーサイト
Trackback URL
http://jim89.jugem.jp/trackback/69
TRACKBACK